転職体験談を集めています。

転職体験談を集めています。あなたのこれからの転職にぜひ役立ててください。

昇格して行く意欲が失せ、このまま惰性で働いていても自身の成長はないなと思い、転職を考え始めました。

2016年12月10日 15時59分

大学を卒業してから就職した会社。
経営理念も社長の人柄もとても素敵で、この人の元で働きたいというのが就職を決めた理由でした。
ただ入社して、実際に現場で働くのはキャリア入社をしてきた上司で、私が感じた社長の魅力は、現場にはありませんでした。
そこから、昇格して行く意欲が失せ、このまま惰性で働いていても自身の成長はないなと思い、転職を考え始めました。
お世話になった上司や、いざ転職を考え始めると部下のことやお客様のことがよぎり、なかなかいい出せなくて悶々としていました。
結果、仕事としてもいい結果には繋がらないので、潔くスパッと決断して、意思表明することがとても大事だと感じました。
次に働きたい仕事は、明確ではなかったけれど何と無くぼんやりとはありました。
勢いで辞めて、次の仕事が決まらないのも不安なので、進むべき道をしっかり決めてから行動に移すことはとても大事だと思います。
前の会社の先輩で、私よりも先に転職した先輩に連絡してみたり、元同期の話を聞いてみたり、勿論、現場でまだ頑張っている同期の話も聞いてみました。
散々悩んだ末、でも最終的に決断するのは自分自身の意思なので、転職先の面接では堂々と、自分の意思を伝えることができました。

転職をしたからこそ、今の自分があると思っています。
でも、転職前の会社に入社しなければ、今の自分はないと思っています。
転職という決断が正解だったのか不正解だったのかは、転職後の自分次第だとも思っています。